スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

予備エンジン作製①

クランケースを交換して、予備エンジンの作製を再開。

オークションで購入した、中古のクランクケースを使用します。
まずはガスケットを剥がして洗浄。

スラッジも少なく、状態の良いケースでした。ベアリングも問題ない感じ。

カムチェーンガイドスプロケット、クランク、3速ミッション、キックスピンドルを取付ます。


スリーブを通すとこのガスケットをカットし、ノックピンをセットして逆のケースをかぶせて、上下を入れ替えます。

なぜだか規定トルクでクランクケースのボルトを締め付けると、ボルトやケースのネジ山が破損するので、10N•mで締め付け。

トルクレンチの使用方法が間違っているのか?なぜなんだ!!

シフトドラムピン、シフトアームスピンドル、シフトドラムストッパープレート、シフトドラムストッパーアームを取付。

akkeyさんから頂いた、キタコのオイルポンプを使用します。ありがとうございました!!


今回はオリフィスを拡大加工しないことにしました。
あっでもスーパーじゃなくてウルトラオイルポンプか!!
やっぱり少し大きくしようかなー。

本日の作業終了。
2015-06-03 : 予備エンジン作製(ノーマルヘッド) : コメント : 2 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

おー、お役に立てたようでなによりです(^^)てか、僕が持っていても意味がないことがはっきり分かる記事ですわw

二次エアーも、解決するといいですね!
2015-06-10 08:24 : akkey URL : 編集
助かりました!ありがとうございます!

オイルポンプを交換しようとすると、クラッチまでバラさないといけないですから、結構な手間ですよね。
2015-06-10 13:59 : ススム URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

過去ログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。