スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

Intel Gigabit CTのドライバインストール。

構築とインストール

【覚書】

ドライバ CD の 'Linux/Source/base_driver/e1000e-tar.gz' からベース ドライバの tar ファイルを選択したディレクトリにコピーします。 は、ドライバの tar ファイルのバージョン番号です。たとえば、 '/home/username/e1000e' または '/usr/local/src/e1000e' などが使用できます。

アーカイブを解凍します。( は、ドライバ tar のバージョン番号です。)
tar zxf e1000e-.tar.gz

ドライバの src ディレクトリに変更します。( は、ドライバ tar のバージョン番号です。)
cd e1000e-/src/

ドライバ モジュールをコンパイルします。
# make install
バイナリが以下のとおりインストールされます。
/lib/modules/<カーネル バージョン>/kernel/drivers/net/e1000e/e1000e.ko
上記のインストールの場所はデフォルトの場所です。これは、Linux の配布によっては異なることがあります。詳細については、ドライバの tar ファイルに含まれている ldistrib.txt ファイルを参照してください。

insmod または modprobe コマンドを使用してモジュールをインストールします。
modprobe e1000e
insmod e1000e 注:2.6 カーネルでは、ドライバ モジュールのフルパスが指定された場合に insmod を使用できます。例:
insmod /lib/modules/<カーネル バージョン>/kernel/drivers/net/e1000e/e1000e.ko

2.6 ベースのカーネルでは、新しいモジュールを読み込む前に古い e1000e ドライバがカーネルから削除されていることを確認してください。
rmmod e1000e; modprobe e1000e

以下のように入力してイーサネット インターフェイスに IP アドレスを割り当ててアクティブにします。( はインターフェイス番号です。)
ifconfig eth [IP アドレス]

インターフェイスが機能することを確認します。以下のように入力します。( はテストするインターフェイスと同一のサブネット上にある別のコンピュータの IP アドレスです。)
ping [IP アドレス]

注:システムによっては MSI 割り込みと MSI-X 割り込みまたはそのいずれかのサポートに問題があります。ご使用のシステムがこのタイプの割り込みを無効にする必要がある場合は、次のコマンドを使用してドライバを構築してインストールできます。
#make CFLAGS_EXTRA=-DDISABLE_PCI_MSI install
通常、ドライバは 2 秒ごとに割り込みを生成します。cat /proc/interrupts で ethX e1000e デバイスへの割り込みを受け取らない場合は、この回避策が必要になることがあります。

2012-03-29 : Linux : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

過去ログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。