パソコンの事。

カブで書くことがないのでパソコンの話。


5~6年前に購入したモニターが故障。
そんで購入。20091201230103

ワイド。
スピーカーがモニターに被ってます。

光沢液晶。
パソコンで映画を観ることが多いので光沢。

以前と同じacerのモニター。
液晶サイズも大きいのに5~6年前と比べて
半値以下でびっくり。格安。
また5~6年もってくれると嬉しい。

これを期にM/B、CPU、Memoryを交換しようと模索中。
予算が少ないので今更Core 2 Duo E7500あたりで!!
もとがpen4 630なのでエンコードが早くなると嬉しい。

 【クリーンインストール用CDの作成】 

1.まず、プリインストールで使用されているプロダクトキーを調べて控えておく。
   ttp://cowscorpion.com/system/SIW.html
2.C:\にWXPというフォルダを作成し、その中にC:\WINDOWS\I386フォルダごとコピー。
3.wxp10.zipをDLして解凍。cds\wxphome\filesにあるwin51、win51ic、w2ksect.binの3つのファイルをC:\WXPにコピー。
   ttp://www.nu2.nu/download.php?sFile=wxp10.zip
4.C:\WXPに新規テキストを作成し、WIN51IC.SP2 という名前にリネーム。
WIN51IC.SP2.txt となっていてはいけない。 「表示」→「フォルダオプション」→「表示」から、拡張子を表示するよう設定しておくこと。
5.CDRecordフロントエンドアプリケーションとCDRtoolsバイナリをDL。
   ttp://mouneru.web.fc2.com/cdrecord_fe/(ttp://www.h2.dion.ne.jp/~ykazu_o/cdr_fe.htmlから移転)
6.二つのファイルを解凍して全て同じフォルダに入れる。
7.cdrecord_fe.exeを起動。
8."フォルダ構造からISOイメージを構築"を選択→次へ。
9."ISO9660レベルと入力コード"をLv.4にして"ブータブル(システム起動可能)にする"にチェック→次へ。
10.そのまま次へ。
11."ISOイメージの構築元ディレクトリ"で C:\WXP を指定。
12."El Torito準拠ブートイメージ"で C:\WXP\w2ksect.bin を指定 (w2ksect.binとだけ入力される)
13."El Torito準拠 非エミュレーションモードを使用する"および"ブートイメージを全てのファイルシステム上から隠す"にチェック(重要!!)→次へ。
14.そのまま次へ→そのまま次へ→そのまま次へ。
15.ボリュームIDは必要なければそのまま次へ(入力するなら半角英数)。
16.ISOイメージの保存先を指定(ディスクトップにフォルダーを作成しておく iso image とか)→次へ。
17."構築"をポチしてコマンドプロンプトが出るので出来上がりを待つ。
(終わったら exit と打ち込んでEnterでコマンドプロンプトを閉じる)
18.できたISOイメージをイメージ焼きできるソフトでCDに焼けば完成!
19.ISOファイルができたらCDに焼いてブートできるか試してみる。
20.インストールする際には1.で調べたプロダクトキーを使用する。

2009-12-01 : パソコンのこと : コメント : 2 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
僕もそろそろ買い換えたいんですよね。
HDDの規格もATAからS-ATAに変わっちゃったみたいで、一式買い換えるならショップブランドのBTOの方が安そうです。
でもJADEと革カブの修理代で半年先送り~(涙)
2009-12-05 04:56 : Soogie URL : 編集
No title
ショップブランドのBTOで選択肢の幅も増え以前より自作のメリットが減りましたよね。価格的にも。

規格とか色々変化するから追加とか交換も色々と苦労します・・・。

一度で全てを入れ替えるのは金銭的に厳しいので少しずつパーツを購入しようと思っています。次は電源か地デジのチューナーボードを狙っていますw
2009-12-06 20:55 : ススム URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

過去ログ