スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

仕事のこと。

なんだか眠れない。
普段は職場をでると仕事のことを忘れるのに
今日は気持ちを引きずっている。

色々考えちゃいました。

仕事は仕事。それ以上でも、それ以下でもない。

仕事を優先させて家庭や自分の趣味を犠牲にする
人間でもない。

福祉の専門学校を卒業し20歳の頃から介護の仕事に
就いている。

本当は消防士か車の整備士になりたかった。

消防士は視力の関係で受験資格がなく断念。
整備士は親に反対され断念。

そこで数ある職業の中から介護の仕事を選択。

奉仕の精神など、これっぽちもない。
世間の皆さんが思っているほど偉くないし
現場での介護の仕事自体も大変ではない。

まず3年目で介護福祉士の資格。
そんで5年目にケアマネの資格を取った。
資格を取るために頑張って勉強した。
人生の中で一番勉強した時期かも。

そんで10年目で資格を生かすために
居宅のケアマネに。

そんで気がつくと今の施設(有料老人ホーム)の
介護責任者兼ケアマネに。

当時の施設長が膿を出すためとボクが異動した時期から
多数の介護職員を退職に追い込む。そんで人員不足に。

そんで日中はフルで現場に入らされ夕食の介助が終わったら
担当フロアーの記録、時には担当ユニット全部を記録し
その後に勤怠管理や書式の整備とかの事務仕事。

職員や入居者の顔と名前が一致しない時期から勤務表の
作成や100名入居者がいる施設で日勤リーダーをやるよう
に指示された。

ありえない。

異動当時、ずっと思ってた。
「ボク、ケアマネですから。何でフルで現場仕事を?!
ケアマネの仕事する時間はどこに?!」って。

当時の施設長は営業が本職。口がうまい。
異動する、しないを自分で選択できたのに
まんまと騙され異動したことを後悔。

そんな気持ちで当時の激務に耐えられるはずもなく
今年の1月末に心身ともに疲れ果て、一人のスタッフの言動が
もととなり出社拒否。そんで、ほぼ無職に。

今度は自宅近くで働こうと思い面接にも行ったけど
出社拒否→退職とか仕事を途中で投げ出すことに
納得がいかず復職。

そんで現在に至ります。

現場で働く介護職員が残業しなくてもいいように
環境を整えたりとか、少しでも良いサービスが提供できるように業務を改善したり
、自分なりに頑張ってきたつもり。

でも全力で仕事に取り組んでいない。
責任者としての明確な方向性もない。
自分がここの施設で働いたことにより誰が見ても
分かる変化がない。
自分の仕事(介護)が誉められるだけでは責任者失格。

後任の責任者を育てるのも仕事のひとつ。

もうちょっと今の施設で自分の足跡を残してみようと思う。



とりあえずキーワードは、

・ホテル
・感謝されるサービス
・サービスの統一
・明確化

です。

なんとなく今の気持ちを忘れないように記事にしてみました。
夜ススムの戯言です。あしからず。

2008-12-04 : カブ以外のこと :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

過去ログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。